2月10日 横浜市立G中学校

掲載日:2016年2月25日

1.実施施設名:横浜市立G中学校
2.実施日時 :平成28年2月10日  2~3校時 10:10~11:30
3.対象者  :1,2,3年生 19名
4.内容   :
 (1)先生からの挨拶と簡単な講師紹介
 (2)講話
   ○ 講師の体験談
   ○ 視覚以外の感覚を使い、生活していること。
   ○ いろいろな人との出会いで世界が広がること。
   ○ 趣味の折り紙について。

 (3)休憩(BF製品等を自由に見てもらった)

 (4)点字体験
   ○ 書き方や注意するところの説明
   ○ 実際に点字を生徒が書く 
    → 書けた点字を講師が読んだ。

 (5)まとめとメッセージ

5.講師の感想など
 ○ 生徒は明るく、はきはきしてやりやすかった。
 ○ 問いかけに大きな声で答えてくれて、進行しやすかった。
 ○ 休憩の時には生徒たちから積極的に話しかけてくれ、コミュニケーションが
  取れてうれしかった。

6.学校からの感想など
 <先生から>
  ○ 講話に熱心に聞き入り、工夫をして生活する様子に驚きを感じ取っていました。
  ○ 目が見えないからといって家に閉じこもらず、たくましく生きる講師の方の姿
   に、生徒たちは勇気づけられたと感じます。また、自分の生活を見直すきっかけ
   になった生徒もいました。
  
 <生徒から>
  ○ 困ることもあるけど視覚以外の感覚を使って生活していることがわかって、目が
   不自由でも普通の人と全然変わらないことがわかりました。
  ○ 点字では講師の方とコミュニケーションがとれて、とても楽しかったです。楽しみ
   ながらもしっかりと学べたので、とても良い経験になりました。
  ○ 私は自分の好きなことで感動したことはなかったけれど、いつか何かに夢中になって
   感動してみたいと思いました。私は知らない人と話すのは苦手ですが、できる限り目
   の不自由な人に出会ったら声をかけます。
  ○ 目の不自由な人が困っていたりしたら勇気を出して助けてあげられたら、その人も私
   もうれしいです。

福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ