福祉教育コーナー

更新日:2017年11月1日

「障害」ってなんだろう?イメージ画像

ユニバーサルデザインの心を育む心のUD講座を提供します。

障害平等研修(外部サイトにリンクします)のスタンスで講座をすすめます。

らんどせるをしょった小学生が白杖を持った女性に声をかけているイラスト。小学生から「なにかお手伝いできますか」と吹き出しがついている

福祉とは、互いの違いを認め合い、思いやりを持って支え合うことで「みんなが幸せになること」ではないでしょうか。

見えない・見えにくい人(視覚障害者)にであうことを通して、
① 「障害」はなぜ生じるのかについて考えてみる。
「医学モデル」でなく「社会モデル」でとらえて、人の心をユニバーサルデザインにできたならば、障害(不便・たいへん)がなくなること(障害とは参照)

② 一人一人の心がユニバーサルデザインになることにより、いわゆる障害者の障害(不便・たいへん)がなくなるだけでなく、だれもが幸せになれること(心のUD)(身近なところに目を向けてみよう参照)

そしてこのことを理解することで「いじめなどは、自分たちで無くすこともできるし、作り出してしまうことにもなる」ということを気づくきっかけとなる時間を、多くの子供たちに提供していきたいと思っています。

そこから共感的理解を進めることで、子どもたち自身が、多様なニーズと個性を持った他者の人格を認め尊重することの大切さを、自分の問題として考えられるようになることを私たちは願っています。

まずは基本的なところを押さえておきたいと思います。

本法人の福祉教育活動の目的は「だれもが暮らしやすい共生社会の構築に必要な人材を育てること」です。

いろいろな人がいることを知り、共に生きる意識を持った心豊かな人が増えることを目指しています。

視覚障害の本質を正しく伝えることも、目的の一つです。

盲導犬のイラスト
※本法人会員が「JRPS神奈川」のページに、よくいただく質問とその解説を掲載しています。そちらも参考になさってください。
JRPS神奈川「クラリス姫の福祉教育」(外部サイト)のページへ

講師派遣事業

視覚障害当事者を学校や企業、地域コミュニティーなどに派遣いたします。
伺うのはこんな人たちです

日常生活を通して社会がもつバリアを感じることが多い視覚障害当事者が、自分の障害を題材として共生の視点で講座を進めます。
このことにより受講者の「バリアセンシビリティ」は高められ、「相手の立場になって考えることのできる思いやりの心」が育てられます。

福祉教育活動報告

お問い合わせフォームからご連絡ください。

この福祉教育当事者講師派遣事業は『 横浜市社会福祉協議会ふれあい助成金 』と『 共同募金配分金 』に支えていただき、実施しています。

年代別にわかりやすい冊子を作成いたしました。冊子イメージ

小学生向け冊子表紙(クリックすると拡大します)
小学生向け冊子表紙(クリックすると拡大します)

中高一般向け冊子(クリックすると拡大します)
中高一般向け冊子(クリックすると拡大します)

ヘルパー等の専門職者向け冊子(クリックすると拡大します)
ヘルパー等の専門職者向け冊子(クリックすると拡大します)

【連絡先】
〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町2の8の5 第一東里ビル302
TEL:090-6940-2823
FAX:無し(お電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください)