あなたの気づきと行動でだれもがともに暮らせる社会づくりを目指して!

トピックス

横浜市立鶴が峯小学校

概要

実施施設名横浜市立鶴が峯小学校
実施日時令和4年12月6日 10:45~12:15 内60分
対象者4年生学年全体3クラス100名

内容

(1) 3つのキーワードを画像に映し出して、全員で声を出して読む
(2) 講師の自己紹介
(3) 白杖歩行とは
(4) 画像を出して、代表の生徒さんに、「配慮」と「障害」の関係を問いかける
(5) 日常生活の紹介
  ① 五感のうちの視覚以外の四感+記憶の活用
    人が見ること以外で周りのことがわかることの確認と体験
    聞いてわかる 触ってわかる  など  (音当て体験含む)
  ② 画像を出しての、自分自身の工夫
  ③ 画像を映し出しての、ユニバーサルデザイン製品の紹介とその意味
  ④ 画像を映し出しての、バリアフリーデザイン製品の紹介とその意味
  ⑤ 人的サポートの重要さを説明
(6) 児童自身が受けている、受けて来た「配慮」を具体的な事例を挙げて説明
(7) 机と椅子を使った、障害、配慮の体験
(8) 簡単な社会モデルで捉えた障壁の考え方を説明
(9) まとめ
 ◯社会にある障害は作り出すこともなくすこともみんなの気持次第で出来ること
 ◯お互いに配慮や共生の気持に溢れた社会が出来ることが、みんなが快適に暮らせる社会の実現に繋がること

学校からの感想

〈児童から〉

○今まで あまり障害についてきちんと考えたことがありませんでした。 今回お話を聞いて 色々な障害があることを改めて感じました。 どんなことに困っているのか聞いてみないと気づけないことがたくさんありました。 困っている人を見かけたら 声をかけてみようと思いました。 障害がある人も ない人も 暮らしやすい世の中になったらいいなと思いました。 どんな人にも思いやりの心を持ち続けて 自分自身が障害を作り出してしまわないように 気を付けていきたいです。 相手の立場になって考えて行動することの大切さを学べた気がします。 点字ブロックや 優先席 信号の音など 他にもたくさんの手助けをしてくれるものがあるけれど まだまだ足りないものやことがあると思いました。これから AI の技術や研究が進めば もっと暮らしやすくなると思いました。 そのためにも 今回のように きちんとお話を聞いて 障害について正しい情報を理解していくことが大事だと思いました。 自分にできることを挑戦していきたいです。

○目が見えない人でも みんなが配慮をすれば 同じように生きられるんだなーと思いました。 練習したら 目が見えない人も歩けるし 自分のやりたいこともできるようになれるということを聞いて配慮をしようと思いました。 自分が障害を作る人じゃなくて 障害をなくす人間になろうと思いました。 この話を聞いて 配慮をすれば 同じように気持ちよく過ごせるし 配慮をしなければ 他の人が気持ちよく過ごせないから 配慮は大切だなーと思って これからは配慮が出来る人になりたいと思いました。 講師の人が言っていたように 目が見えないのはその人の個性で 運動神経がいいのも その人の個性だから、みんな違ってみんないい の理由が分かった気がしました。

○僕は今日の授業を受けて 配慮や共生という言葉を初めて知りました。 配慮をすることで 人と人との障害がなくなることがすごいと思いました。 共生をすることで みんなが良くなることしかないから、僕も共生をしたいと思いました。 講師の人は障害も自分の個性だと言っていて みんな違ってみんないいと言っていたので 僕も みんな違ってみんないいと思いました。

○これから もし私が不自由な人になっても みんな違ってみんなよくて 一人ひとり個性があるので 前向きに生きていこうと思います。 そして 自分の身近な人にもきょうの話しのことを話して みんなに 障害になることをならないようにする。 そして 不自由になってしまった人も みんな個性があるから みんな違ってみんないいということを知ってもらいたいです。

○話を聞いて、思いやりをたくさんしようと思いました。 なぜかと言うと障害を絶対に作ってはいけないと言っていたからです。 身の回りのすぐできる思いやりは何か考えてみようと思いました。 自分が気づかないで障害を作っているかもしれないので、障害を作っていないか確認したりしようと思いました。

〈先生から〉

○講座を受けて、子ども達一人ひとり、自分がこれから取り組んでいくことを考えられた貴重な経験になりました。

○これからも講座を通して、児童が学校生活(特に学級)において、自分と友達は得意なこと・苦手なこと・性格等、全部が違っていることを理解し認め合い、みんなが楽しく生活していくために、「自分にできることは何か」を考えさせる良い機会を与えていただきたいと考えます。

横浜市立保土ヶ谷小学校

概要

実施施設名横浜市立保土ヶ谷小学校
実施日時令和4年12月8日 10:45~12:15 内60分
対象者4年生学年全体2クラス48名

内容

(1) 3つのキーワードを画像に映し出して、全員で声を出して読む
(2) 講師の自己紹介
(3) 白杖歩行とは
(4) 画像を出して、代表の生徒さんに、「配慮」と「障害」の関係を問いかける
(5) 日常生活の紹介
  ① 五感のうちの視覚以外の四感+記憶の活用
    人が見ること以外で周りのことがわかることの確認と体験
    聞いてわかる 触ってわかる  など  (音当て体験含む)
  ② 画像を出しての、自分自身の工夫
  ③ 画像を映し出しての、ユニバーサルデザイン製品の紹介とその意味
  ④ 画像を映し出しての、バリアフリーデザイン製品の紹介とその意味
  ⑤ 人的サポートの重要さを説明
(6) 児童自身が受けている、受けて来た「配慮」を具体的な事例を挙げて説明
(7) 机と椅子を使った、障害、配慮の体験
(8) 簡単な社会モデルで捉えた障壁の考え方を説明
(9) まとめ
  ◯社会にある障害は作り出すこともなくすこともみんなの気持次第で出来ること
  ◯お互いに配慮や共生の気持に溢れた社会が出来ることが、みんなが快適に暮らせる社会の実現に繋がること


 

学校からの感想

〈児童から〉

○障害は色々な場で起きていて、色々な種類があることがわかった。障害は少しの思いやりで無くなるけど、作ることもできてしまうこともわかった。

○はじめ障害は目が見えない音が聞こえない人たちのことかと思っていたけれど、邪魔なものや、それがあることによって何かがやりづらい という意味を知りました。
そして不自由な所があってもその人のために町が工夫してくれたり声かけなどの思いやりで不自由な人も生活がしやすくなることを知りました。 誰かが障害を作ることによって嫌な気持ちがあったりやりたいと思っていることができなかったりしてしまう人もいるので、体が不自由な人以外でも思いやりが必要なことを学びました。

○障害はどう頑張っても 無くしたり減らしたりできないものだと思っていたけど、他の人の配慮で障害を減らせるのを 初めて知った。

○私は障害を作る人なのか無くしているのかを振り返って、無くす人になりたいです。 そして配慮・思いやりはすごく大事で、配慮を少ししただけでも 周りの人や自分が楽になったり 楽しくなるんだと学んだので、これからは少しでも 配慮をしようと思います。

○最初は普通の障害の無い人と目が見えない障害がある人で、生活が違うのかと思ったり 目が見えないことが個性とも思っていませんでした。 ですが、きょう話を聞いて、今まで考えていたことや人の個性のこと、全て考え方が変わりました。 「障害は作ることも無くすこともできる」という言葉が頭に残っています。信号などの工夫 周りの人の声かけが 障害をなくすことに繋がっていく。 配慮ってすごいんだなと思います。 ちょっとした工夫が「みんなの幸せ」につながるということが、すごいと感じます。

〈先生から〉

○講師の話によく声で反応していたと思います。

○障害は「ある」「ない」ではなく、「つくられる」「なくせる」ものだということが、とても心に残った言葉でした。

横浜市立今宿南小学校

概要

実施施設名横浜市立今宿南小学校
実施日時令和4年11月25日10:40~11:40
対象者1年生学年全体2クラス 42名

内容

1. 導入 
 (1)簡単な講師の自己紹介
 (2)講座の参加の仕方について
 (3)講座の「めあて」
 (4)「キーワード」
2.見ること以外でわかること
 (1)画像を見ながら視覚以外で使っている感覚を知る
 (2)音源を聞いて使っている感覚の確認をする
3.わたしの生活 家の外
 (1)白杖歩行
 (2)手引き歩行)
 (3)盲導犬歩行
 (4)寸劇を使って  障害を作る人・無くす人の確認
 (5)信号の色を声で伝えて誘導する体験(数名の児童)
4.わたしの生活 家の中  
 (1)困ることと その解決法
5. 社会の障害を見つけて解決する演習
 (1)イラストを見ての演習
 (2)実物を見ての演習 
 (3)障害は個人の体でなく社会にあることの確認
6.配慮の実践 じゃんけん大会
7.まとめメッセージ   
 (1)多様性の尊重
 (2)みんなが楽しく暮らせるには
8.質問タイム

学校からの感想

〈児童から〉

○人のきもちをかんがえてこうどうする。

○こまった人がいたらすすんでこえかけをしたいです。

○おともだちにやさしくする。

○もうどうけんをじっと見ないようにします。目の見えない人に やさしく あかしんごうだよ っていうように します。

○こまった人がいたらやさしくしていきたい。

〈先生から〉

○障害のあるなしに関わらず、みんなが暮らしやすい社会にするという意識をもつきっかけとなったと思います。

○1年生としては十分大切なことを学ばせていただけたかと思います。 中学年以上が対象であったとすれば、より一層深い学びにつながったのかもしれないと感じました。

活動予定

◆ 福祉教育講師派遣

更新日:2021年12月26日

  • 2022年1月12日 横浜市立Y小学校
  • 2022年1月17日 24日 法政大学第二高等学校
  • 2022年 1月22日 横浜市立H中学校

視覚障害当事者講師派遣に関してのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

講座実施後には報告を福祉教育活動報告に掲載します。過去の実施報告も掲載しています。
なお、本法人の福祉の理念や事前事後学習の助けになる資料なども掲載していますので、福祉教育コーナーからご覧ください。

年代別に冊子を用意しています

PDFファイルをダウンロードいただき、ご活用ください。
☆☆☆この冊子の文章・イラストの著作権は(特非)神奈川県視覚障害者情報雇用福祉ネットワークに帰属します。この冊子の全部を複製することは可能ですが、個別のイラストを無断で使用することは固く禁じます☆☆☆
冊子の表紙の画像

※全ての冊子が同じ内容です。
小学生向けはB5サイズで全ての漢字にルビがふってあります。
中学生以上向けはA5サイズです。
指導者向けは、この冊子を使って児童生徒に指導なさる先生方向け解説書でA4サイズです。

こちらをダウンロードしてご活用いただいた方にお願いです。
どのようにご活用いただいたのか、ご覧いただいた感想等、できましたら「お問い合わせフォーム」からご一報いただけますと幸いです。

YouTube動画

「障害」ってなんだろう・「障害」はどこにあるんだろう~体にある障害と社会にある障害 ~
作成者: View-Net神奈川が進める心のUD講座