6月6日 栄区ガイドボランティア養成講座

1.実施施設名:栄区社会福祉協議会
2.実施日時 :平成28年6月6日 10:00~12:35
3.対象者  :応募した区民 19名
4.内 容  :
  (1)講話
  (2)室内での誘導方法説明
  (3)トイレ、階段、エレベーターの誘導方法説明
  (4)5組に分けて、社協周辺の15分程度の街中のコース
    (階段や狭いところなど実際によくある場面を組み込んだコース)
     を受講生全員が実際に視覚障害者を誘導する体験
  (5)休憩・質問タイム

5.講師の感想など
  ○ 参加者が予想以上に多かった。
  ○ 皆とても真剣に取り組んでいた。

6.講座担当職員からの感想など
  ○ 誘導実習コースの下見を綿密に行うことで、当日の実習をスムーズに
   行うことができました。
  ○ 誘導実習コースを歩いているときは講師に質問したり、アドバイスを
   もらったり、自分が参加していないときは実習生同士で意見交換をし
   ながら熱心に参加していました。
  ○ 「視覚障害者の外出支援は難しそうな印象でしたが、今回の研修を
   受けて自分にもできそう。」という受講生の声がありました。今後も
   地域に外出支援の輪が広がればよいと思いました。

7.受講生の感想など
  ○ 最近の法律改正や政策の話が聞けて良かったです。
  ○ お互いの違いに気づくことが大切で、それを考慮すれば手助けできる
   のかなと感じました。
  ○ 視覚障害の誘導を初めて体験しましたが、とてもわかりやすく実体験が
   できたのでよかったです。街で出会ったら、声かけできそうに感じました。
  ○ 話を聞くだけではなく、実際に屋外に出て歩道を歩くことができたので、
   とてもよかったです。
  ○ 実習形式だったので、普通では気づかない点が発見できてよかったです。

福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ