横浜市立野庭すずかけ小学校

1.実施施設名:横浜市立野庭すずかけ小学校
2.実施日時 :平成28年12月5日 3,4校時その後に給食交流
                        10:40~13:00
3.対象者  :4学年全体 3クラス 72名
4.内  容 :
 (1)導入
 (2)講師の小中学校の時の体験
     盲学校に行って「できない」と思い込んでいたことが目以外の
     感覚などを使ってできることに出会ったこと。
     点字との出会いが大きく自分の可能性を広げたこと。
 (3)児童の書いた点字を読む。
 (4)見ること以外の感覚の確認と体験
 (5)どんな仕組みや配慮で障害がなくなるのか、具体的事例紹介
   ○ ちょっとした工夫
   ○ UD製品
   ○ BF製品
   ○ 周囲のちょっとした声掛けや配慮
   

 (6)違いのある人たちとみんな楽しく暮らしていくには
   ①配慮は障害者や高齢者だけに必要なものではなく、今の自分たちも
    配慮を受けているし、配慮が必要な人だということの確認
   ②互いの違いをわかりあうことが大切
   ③障害を作り出すのも無くすのも誰もができること
    →配慮は誰にでも必要なこと
     クラスでもおうちでも配慮し合えたらとても楽しく暮らせるね
    →そのためには一人ひとりみんな違うんだから、その違いを理解
     し合って認めることができたら配慮し合うことができるよ。
   「障害を作り出すのも無くすのも自分たちでできること」の事例紹介
   
    ・障害を作り出しているのは、この絵の中のどの子?
    ・じゃあ、その子はどうしたら障害は無くせるかな?

(7)「障害を作り出しているよ。どうしたら無くせるかな」クイズ

  (8)質問タイム
  (9)まとめとメッセージ
 (10)質問タイム

5.講師の感想など
   ○ 児童は初め声がなかなか出てこなかったが、導入のやりとりから
    どんどん声を出すようになってきた。
   ○ 折り紙や点字に関心が高く、休憩時には時間が足りなくなるくらい
    いろいろと話ができてよかった。

6.学校からの感想など
   <先生から>
    ○ 事前に詳しく打ち合わせができたので、当日の様子が具体的に
     イメージできてよかった。

    ○ 児童は講師への手紙を一生懸命書いていました。子どもたちの
     心に残る授業になったのではないかと感じます。

   <児童から>
    ○ 今日のお話を聞いて、障害を自分たちで起こしたり、減らしたり
     できることがわかりました。
    ○ 今日、目の不自由な人がこんなに身近にいるのだと思いました。
    ○ 目の見えない人も聞いたり、触ったりできる。何もできないと
     いうことではないことがわかりました。
     ユニバーサルデザイン・バリアフリーなどあって便利だと思い
     ました。
    ○ 道案内をしてみて、「こういうふうにすれば安心できるんだ」と
     思いました。目が不自由な人に会って、困っていたら助けてあげ
     たいと思いました。
    ○ 二人の話を聞いていたら、自分も目が見えないように感じてきて
     こういうふうにやればいいんだって思いました。
     今度、目が不自由な人を見つけたらできるだけ助けたいです。
     折り紙でサンタを作って楽しかったです。ぼくもいつか作りたい
     です。

 福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ