横浜市立今井小学校

1.実施施設名: 横浜市立今井小学校

2.講座実施日時:令和2年12月 3日 9:40~10:15 低学年  10:40~11:40 中高学年

3.対象者: 全校 低学年 112名 中高学年 215名

4.内容:障害ってなあに?
(1)導入
(2)目以外から伝わる感覚
1)誰もが視覚以外の感覚を使って生活をしていることの確認
2)見なくてもわかるゲーム
3)視覚以外の四感の再確認と経験と記憶の重要性の確認
(3)日常生活
1)屋内編
① 困らない(障害がない)こと
ユニバーサルデザイン・バリアフリーデザイン製品の利用
② 困る(障害がある)こと
(低学年) 教室の時計は、時間がどんな人にだけ伝わるかな。
仲間外れになっているのはどんな人?
(中高学年) 同じ形の同じ大きさの食品パッケージ 何で見えない人には中身の
情報が伝わらないの? どうしたら伝わるようになるかな?
2)外出編
○ 白杖の役割の説明
○ 周囲の音や点字ブロックなどの足裏からの感覚
(中高学年のみ)点字ブロックの上の自転車→障害を作り出している事例の紹介
○ 周囲の人の声かけ・情報提供が障害を激減させる
3)一般的誘導法の紹介  寸劇
Aさん: 障害を作り出す人1 (周囲のことを無視する)
Bさん: 障害を作り出す人2 (自己満足で行動)
Cさん: 障害をなくす人 (相手を尊重する)
(4)児童の日常への応用
児童自身が受けている配慮  学校の設備などを事例に
(5)障害を見抜く視点の獲得と解決法を創造する演習
…… どんな障害があるの? その原因は?  解決法は?
1)実物で演習   「椅子が出しっぱなし 」を事例に
2)イラストを使っての演習
(6)配慮の実践  ジャンケン大会
1) 見えない人も共にジャンケンで楽しめるように配慮する方法を考える
2) 配慮したジャンケンを全員で実施
(7)まとめ
・どうしたら障害を作り出さない、無くせる(配慮ができる)ようになるかな?
障害を作り出すのも無くすのも、一人ひとりができること。
・誰一人として同じ人はいないのだから、互いの違いを理解し、相手の立場に立って考え
られるようになったら、障害を作り出さない、無くせる 配慮ができる人になれるよ。
(多様性の尊重)
・そしたら、だれもが寂しくならないでみんなが楽しく暮らせる。
(8)質問タイム (中高学年のみ)

5.講師の感想など
○事前の教員向け研修で、校長先生はじめ学校全体の先生が社会モデルで障害を考える
ことの大切さと個人モデルの弊害を理解してくれていて、とても進めやすかった。
○リアル会場とリモート会場の2本立ての環境での実施だったが、リモート会場でも児童
は問いかけにしっかりと答えてくれていたとのことです。