View-Net神奈川では、だれもが障害なく使える製品が社会に普及するための一つの方法として、「取扱説明書のバリアフリー化事業」に2009年の法人発足以来積極的に取り組んでいます。
通常の取扱説明書は紙に印刷されていることが多く、見える人だけに情報提供がされています。見えないというだけでその情報がを受け取ることができないのです。

写真や図表などの視覚情報にたよらずに本文を読むだけで操作法を理解できるように配慮して作成されたテキストデータの取扱説明書があれば、見えなくても障害なく情報は受け取れます。

このような取扱説明書があることで、視覚障害者も購入と同時に製品が備えている「より多くの機能」を利用することができるばかりでなく、事故やトラブルなどを未然に防止することができるなど、ユーザー・メーカーともにきわめて大きなメリットをもたらしてくれます。

ご興味・ご感心のあるメーカー様におかれましては、お問い合わせフォームからご連絡いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

この投稿はコメントできません。