HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

富士山でゴミ拾い

富士山が世界遺産に登録されてから、日本だけでなく世界中から登山客が訪れるようになりました。山で出たゴミは家に持って帰るのが常識でありマナーになっていますが、中にはマナーを守れない観光客がいるため、かなり多くのゴミが散らばっています。山を愛する人にとっては、富士山は神聖なものですから、ゴミで汚されるのは我慢できません。山を守るために何とかしようとゴミ拾いのボランティアが定期的に活動しています。小さなお子さんから高齢者と呼ばれる人までがボランティアに参加していますが、それでも全てのゴミを拾うことはできません。ゴミを捨てないことはもちろん、ボランティアに参加してゴミ拾いを行うことも行うようにするといいでしょう。

応援企業

後藤繁樹は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 後藤繁樹
WEBサイト 馬主の後藤繁樹とはどんな人物
事業紹介 初めて重賞レースとG1レースに出走した所有馬はリキビーナスであり、初めて重賞勝利した所有馬はリキセレナードである。 中央競馬にて騎手が着用する勝負服の柄は馬主によって決まるものであり、黄、紫二本輪、紫袖である。 サラブレッドが中央競馬で活躍できるのはほんの一握りであり、その中でも更に狭き門の重賞にて勝利した競走馬の所有者は馬主成功者と言える。 地方競馬での馬主通算成績として、出走回数は1821回、勝利数は442勝、獲得賞金は6億7882万円、重賞勝利数は17勝にのぼる。 G3レースで勝利したリキセレナードの他、リキボクサーやダブルアップなどの競走馬が総賞金5000万円以上を獲得している。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。