9月27日 横浜市立菅田中学校

掲載日:2011年10月10日

1. 実施施設名(学校名など): 横浜市立菅田中学校

2. 実施日時: 平成23年9月27日 4~5校時

3. 対象者: 中学1年生 両コースとも約30名

4. 実施内容

☆ 点字体験コース
(1) 日常生活の工夫の話
歩行の工夫・情報収集の工夫 など
(2) 余暇生活・趣味の紹介
(3) 点字体験
○書き方の説明
○実際に書いてみる
→講師が教室内をまわり、随時、触読と指導を行った。
(4) 質問タイム

☆アイマスク体験コース
(1) アイマスク体験
○聴覚活用・・・音当て
○触覚活用・・・講師製作のおりがみ作品を手で触って、同じ物を製作してみる等
(2) 視覚障害者を誘導してみる体験
(3) 日常生活の工夫の話
(4) 質問タイム

5. 講師の感想及び生徒の反応
☆点字体験コース
・事前に50音の練習ができていて、かなりスムーズに当日の点字体験が進めることができた。
・誘導の話や体験をしたかったのですが、スペースの関係もあり、できなかったのが残念。

☆アイマスク体験コース
・弱視の講師の参加があり、弱視の立場で話を伝えることができてよかった。
・アイマスクをしたときに生徒から 「いつもと違って不安」、
 「暗いから、いつもと違って新鮮」などの感想があった。

☆全体共通
・複数講師で行う講座は視覚障害にもいろいろな人がいることが伝えやすいのでいいと思う。
・講師同士の連係をもっととった方がいい。
・時間配分にもっと気をつける必要がある。
・学校側と打ち合わせを持っていたが、当日に戸惑うことが起きてしまった。
 綿密に最終打ち合わせをすることが必要だと感じた。

福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ