1月26日 横浜市立綱島東小学校

掲載日:2016年2月5日

1.実施施設名:横浜市立綱島東小学校
2.実施日時 :平成28年1月26日 3~4校時  10:45~12:15
3.対象者  :4学年全体 3クラス 88名
4.内  容 :
    (1)三つのキーワードを画像に映し出して全員で声を出して読む。
       「配慮」「共生」「みんな違ってみんないい」
       → 特に「配慮」「共生」は丁寧に言葉の意味を説明

    (2)講師の自己紹介と体験談

    (3)日常生活の紹介
       ○ 四感+記憶の活用
        人が見ること以外で周りのことがわかることの確認と体験
        ・聞いてわかる
        ・さわってわかる など
         (クイズを含む)
       ○ 画像を出しての自分自身の工夫
       ○ 画像を映し出してのユニバーサルデザイン製品の紹介とその意味。
       ○ 画像を映し出してのバリアフリー製品の紹介とその意味。
       ○ 人的サポートの重要さを説明。

    (4)一般的な視覚障害者の誘導法説明

    (5)児童自身が受けている、または受けてきた「配慮」を説明。
        → 決して「配慮」は高齢者や障害者のためにだけあるのではないこと
          みんなの心の持ち方で「障害を作り出したり、無くしたりできる」
          ことを繰り返して説明。
          どちらもできるのなら、「障害をつくらない、無くす人」になった
          ほうが良い。

    (6)そこにどんな配慮があったら障害がなくなるかクイズ

    (7)まとめ・メッセージ

    (8)質問コーナー

5.講師の感想など
   ○ 今回は先生のご意向もあり、休憩なしの90分の長い講座だったが最後までよく
    集中して聞いてくれた。
   ○ 問いかけをした時には、多くの児童が様々なことを積極的に返事をしてくれた。
 
6.学校からの感想など
 <先生から>
  ○ 子どもたちの関心はとても高かったが、お話を聞いてさらに知りたいとの思いを
   強めていた。
  ○ 配慮とは特別な事ではなく、(身近な人に対する)ごく当たり前のことと捉える
   ような社会にしていければと思います。
  ○ 「みんなちがってみんないい」とのキーワードが子どもたちにしっかり印象付け
   られたと思います。

 <児童から>
  ○「 見ること」だけでなく、「聞くこと」や「触って確かめる」「臭いでかぐ」こと
   などでも生活できることをあらためて気がつき、よく考えながら話を聞くことがで
   きました。話を聞いて、人の障害を無くすために配慮することがとても大事だと思
   いました。
  ○ 「一人ひとりが違う」ということをこれからも頭にいれておきたいです。障害を作る
   ことがないように、作ってしまったら無くすということを毎日思い出しながら生活し
   ていきたいと思いました。
  ○ 今日の話を聞いて、私はこれからは相手の立場に立って行動していきたいと思いまし
   た。街で困っている人がいたら声をかけていきたいです。
  ○ 私は、人と違うということが恥ずかしいことだと思っていました。そのため、障害を
   持つことも恥ずかしいと考えていたかもしれません。
   しかし、今日、話を聞いてそれは違うとわかりました。
   

  
福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ