3月16日 横浜創英中学・高等学校

掲載日:2016年3月28日

1.実施学校名:横浜創英中学・高等学校
2.実施日時 :平成28年3月16日  13:30~14:30
3.対象者  :中学一年生~高校二年生希望者26名
4.内 容  :
 (1)画像を使って盲導犬使用者についての話
   ○ 盲導犬の貸与を受けられる条件
   ○ 日頃の盲導犬のケア
   ○ 盲導犬に命令をして歩くこと
   ○ 盲導犬を見かけた時にしないでほしいこと

 (2)三つのキーワードを画像に映し出して全員で声を出して読む。
    「配慮」「共生」「みんな違ってみんないい」

 (3)講師の自己紹介と体験談

 (4)白杖歩行とは
     →白杖は盲導犬と同じく、見えない人の歩行ツール

 (5)日常生活の紹介
   ○ 四感プラス記憶の活用
    ・人が見ること以外で周りのことがわかることの確認
   ○ 画像を映し出して、自分自身の工夫
   ○ 画像を映し出して、ユニバーサルデザイン製品の紹介とその意味
   ○ 画像を映し出して、バリアフリー製品の紹介とその意味
   ○ 人的サポートの重要さを説明

 (6)生徒自身が受けている、または受けてきた「配慮」を具体的事例を出して説明
     →決して「配慮」は高齢者や障害者のためにだけあるのではないこと

 (7)社会モデルで捉えた障害の考え方、合理的配慮について説明

 (8)まとめ
    ・社会的障害は、作り出すことも無くすこともみんなの気持ち次第で出来ること。
     みんなの心の持ち方で「社会にある障害を作り出したり、無くしたりできる」
     ことを繰り返して説明。どちらもできるのなら、「障害を作らない、無くす人」
     になった方が良い。

 (9)質問タイム

5.講師からの感想など
  ○ 当初、少し堅かった生徒も講座が進むにつれて馴染んできた。
  ○ とてもいい雰囲気で講座を進めることができた。
  ○ 問いかけに素直に答えてくれて進めやすかった。

6.学校からの感想など
 (先生から)
  ○ 事前の打ち合わせがあったからこそ、講座の核心が「盲導犬」ではなく、その
   ユーザーである「視覚障がい者」、そして「視覚障がい」についての理解を深める
   ことであったことに気づくことができました。
  ○ 私自身はっとさせられ、考えさせられることの多い講座でした。
   参考文献を読むだけではわからない、生の生きた声を聴くことにより、視覚障がいに
   対する理解を深めることができたと思います。視覚障がいについての知識を得たこと
   により、たくさんの生徒たちに視覚障がいに対する理解を深めてほしい、という思い
   が強くなりました。
  ○ 導入の部分で、生徒たちがはっとして真剣な表情になり、内気な生徒たちが声を
   出すことができるようになりました。その後の講義も楽しく、生徒に質問を投げ
   かける工夫や、考えさせる工夫がとても良かったです。

 (生徒から)
  ○ 今日の講座で盲導犬や視覚障害者に対するイメージが変わりました。
   障害の有無にかかわらず配慮は大切だと思いました。
   相手のことを全て理解することは難しいけれど、少しでも理解しようとしたり、
   良さを理解することが大事だと思いました。
  ○ 私たちは障害を作り出すことも、無くすこともできる。だったら、私は障害を
   無くしていきたいと思います。配慮や共生は誰にでもできることであって、差別を
   して人を傷つけて、のけ者にするのは絶対にしてはいけないんだとあらためて実感
   しました。「みんな違ってみんないい」という言葉を大切にしたいです。
  ○ 配慮と言う言葉には「やってあげる」ではなく、自分の力で何かをしたいという
   気持ちが含まれていることに気が付きました。共生は普通の人も見えない人も
   一人の人として生きることだと思いました。
  ○ 私はこの講座に参加して本当に良かったと思います。なぜならば、本当の意味の
   配慮を知ることができたからです。困っている人がいたら手を差し伸べることは
   誰にでもできます。
   この世に障害はありません。少し幅広い個性が存在することだけだと思いました。
   

福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ