12月9日 東京都大田区立東蒲小学校

全校 一時限(とはいえ30分くらい)

○皆は見ていろいろなことの動作の手がかりにしているけど、見れないから他の感覚器官で情報を得て行動していることの話、
○見えない人に合ったときには、見えるみんなは情報提供ができるよ。
→寸劇を使って説明した。

その後職員向け講座 一時間半くらい
視覚障害の本質について
差別には2通りあること(排除と哀れみ)、
その哀れみの差別からの行動にならないような話や、体験学習なんかしてほしいこと、
知ることの大切さ、

福祉教育活動報告トップへ | 福祉教育トップへ

この投稿はコメントできません。